市原市内での葬儀の内容

subpage01

市原市は房総半島のなかでも県庁所在地の千葉市に隣接しているという立地特性もあり、南側の丘陵地帯までニュータウン開発が進み、多くの人々がほかの場所から引っ越してきてコミュニティをつくっている土地柄です。

市原で葬儀について考察してみましょう。

そのため、市原市内で行われている葬儀についても、伝統的で地域の風習が色濃く残っているものよりも、むしろ標準的なスタイルや、家族葬のような新しいタイプをとりいれものなどが目立つ傾向にあります。



市原市における葬儀の内容としては、やはり仏教のそれぞれの宗派のやりかたにしたがったもので、通夜と告別式からなっています。
宗派による違いがあるとはいえ、通夜と告別式の両方で、導師として菩提寺から招かれた僧侶が読経を霊前において上げ、参列した人たちは順々に霊前での焼香を行うという内容は変わりません。


告別式の場合は、通夜とは違って、弔辞が読み上げられたり、弔電があれば会場内で紹介されたり、喪主が締めくくりのあいさつをしたりといったことがあります。

市原市内には、店舗をかまえている葬儀社も多いため、一般にはいずれかの葬儀社と契約をして、当日の段取り、手続きその他必要なことがらのいっさいをサービスとして行ってもらうことになります。
この場合、予算や内容にあわせたいくつものプランがはじめに提示されるはずですので、喪主はそのプランのなかから、希望に見合ったものを選択して契約をすることになります。



プランのなかには、祭壇や棺、遺影写真、式場使用料、あいさつ状などの一式が含まれています。