市原市の市民葬儀制度

subpage01

千葉県市原市では、市民が亡くなった人の葬儀を行うにあたって、安価な料金で経済的な負担の軽減が図られるようにするため、市民葬儀と呼ばれる制度を設けています。

市原で葬儀といえばこちらのサイトです。

この制度にはふたつのタイプがあり、ひとつは民間の葬祭ホールなどの借り上げを想定した民間葬祭場市民葬儀で、もうひとつは、自宅を式場として使用することを前提とした自宅市民葬儀です。
制度そのものは、市原市役所のものですが、実際に事前相談や申し込みをする場合には、市原市役所が指定している葬祭業者に対して、直接連絡することになっています。

料金は民間の葬祭ホールを利用するタイプのほうが高額になりますが、それほどの差異があるわけではなく、どちらのタイプもだいたい20万円内外と考えておけばよいでしょう。



このなかに含まれている基本内容としては、祭壇や焼香のための仏具一式、御棺、後飾り、白木の内位牌、遺影写真、納骨容器、会葬御礼はがきの印刷、式場や休憩室の使用料、霊柩車の使用料などとなっています。基本内容とは別のサービスが必要になったり、基本内容のなかで定められている数量の限定を超える場合には、追加での料金を支払う必要があるため、葬祭業者の担当スタッフと別途相談をして、見積もりをもらうのがよいといえます。


こうした基本内容は、葬儀としては最低限のプランとはいえますが、金銭的な余裕のない家庭にとっては、ひととおりの供養ができ、かなり後押しになる内容といえます。