市原市内での葬儀と斎場

subpage01

千葉県市原市は、県庁所在地にも近いことから、海沿いはもとより、丘陵地帯を切り開いてニュータウンの造成がさかんに行われ、人口もかなり多くなっています。

こうした中には、会社の転勤などの関係で別の自治体から市原市に新しく移り住んだ人も多く混じっています。


そのため、市原市で葬儀をする場合には、かつてのように自宅のなかや、菩提寺などで行うことが難しくなってきています。
自宅の場合、多くの参列者を収容するだけの大きさがなければなりませんが、ニュータウンの中などの場合には、家の間取りからして、葬儀ができる状況にはありません。

市原で葬儀について考えます。

また、もとから住んでいる人はよいとしても、新しく移り住んだ人にとっては、市内に菩提寺があるはずもなく、特に縁もない寺院での葬儀もハードルが高いといえます。
そこで、民間の斎場を葬儀の式場として借り上げることはよく行われており、いろいろな点から見てもその選択は適切といえます。民間の斎場の場合には、式場の面積、規模も広く、駐車場が整備されている上に、控室や食堂、宿泊所などの設備も整っていますので、他の施設に比べると、かなり便利に使うことができます。



祭壇なども宗旨に応じたものが用意されている点でも安心です。



なお、他の都市の場合には、火葬場に併設する公営の斎場も存在しており、住民の場合は安く借り上げられるのが一般的です。

しかし、市原市の場合には、火葬場はあるものの、スペース的に他の都市のような葬儀を行うことは難しいという事情があります。