市民葬を使った市原市内での葬儀 - 市川での家族葬による葬儀

市民葬を使った市原市内での葬儀

subpage01

葬儀というのは、亡くなった人にこの世で最後にお別れをするための大切な儀式ですが、それだけにトータルとしての費用もかなりの金額にのぼります。


ある程度財産のある家庭であれば問題はないとしても、かならずしもそうした家庭ばかりとは限りません。
葬儀をするために、のこされた遺族が生活に支障をきたしてしまっては本末転倒というものです。そこで、千葉県市原市の場合には、安い価格でもひととおりの儀式を行うことができるように、行政において市民葬とよばれる制度を設けています。
この市民葬についてですが、市原市内にある指定された葬儀社において取り扱いをしていますので、あらかじめスタッフに相談をして、市民葬のプランが選択できるようにしておきます。

市原で葬儀情報が揃っています。

内容としては、祭壇や白木の仮の位牌、御棺、遺影写真、骨壷などの一式がセットになっています。



一般的な葬儀と比較をすると、最低限の用意にしかならない部分はありますが、それでも経済的に余裕のない家庭では大いに助かる内容といえます。



当日の式場に関しては、市原市内にある自宅のなかを指定することも、あるいは葬儀社がもっている葬祭ホールのような民間の施設を貸し切りにして式場にすることも、どちらも可能となっています。
自宅と民間の葬祭ホールのどちらにしても、最終的には市原市の火葬場に出棺して、火葬に付することになりますが、その際の移送にかかる霊柩車の費用なども、やはり市民葬の価格のなかに含まれています。